ここから本文です

ミスチル櫻井作詞作曲でジャニーズ版We Are The World!V6~Snow Manまで15組76人チャリティーソング

5/13(水) 4:00配信

中日スポーツ

期間限定ユニット「Twenty★Twenty」結成

 ジャニーズ事務所は12日、同社の社会貢献・奉仕活動「Smile Up! Project」の一環として、所属アーティスト15組76人が参加する期間限定ユニット「Twenty★Twenty」(トゥエンティー・トゥエンティー)を結成し、チャリティーソング「smile」を制作することを発表した。作詞作曲は人気バンド「Mr.Children」の櫻井和寿(50)が担当。V6を筆頭に、KinKi Kidsや嵐、新進気鋭のSixTONES、Snow ManまでのCDデビュー組が夢の共演を果たす。

 まさにジャニーズ版「ウィー・アー・ザ・ワールド」だ。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、V6を筆頭にCDデビュー組が総力を結集。最前線で働く医療従事者やライフラインに携わり国民の生活を支える産業従事者、そして長期の外出自粛を頑張るすべての人たちへ、歌の力で支援の輪を広げていく。

 Twenty★Twentyは通称「トニトニ」。昨年7月に死去したジャニー喜多川前社長が2020年東京五輪開催にあたり、ジャニーズJr.を20人ずつ2つのユニットに分けて結成する同名ユニットを計画していた。しかし、コロナまん延で五輪も延期となり、そのグループ名は消滅しかけていた。

 そこで立ち上がったのが、故人のDNAを受け継いだ滝沢秀明副社長(38)だった。「ジャニーが残したこの最後のグループ名は、今このような状況だからこそできることがあるはずと思いを新たに、役回りは変わりましたが、Twenty★Twenty、ジャニーの集大成として社会貢献できればと思います」と語る。形は違えど、ジャニーさんが思い描いていたジャニーズ史上最多人数のグループ結成が実現した。

 櫻井和寿が書き下ろした楽曲タイトルは、プロジェクト名の一部にもなっている「smile」。リリース時期は未定だが、3密を避けてこのほど個別のレコーディングが始まった。

 V6は「櫻井さんはじめ、われわれの思いが皆さまに届き、一日も早く、一人でも多くの方がsmileになって笑顔で会えることを願っています」とし、嵐も「コンサートにも足を運んでおり、幼少のころから聴いている櫻井さんが制作された楽曲を歌えること、とても光栄に思います。いま、僕たちにできることを。そして、僕たちだから届けられる人がいると信じて、たった一人の背中でも支える力となることを願っています。たくさんの感謝を込めて、ほんの少しでも恩返しができたなら」とコメントを寄せた。

 King&Princeは「楽曲を提供していただいた櫻井さんの歌詞には、聴く人によってさまざまなとらえ方や受け取り方ができる表現がたくさんあるので、この曲を受け取ってくださった方々にどのように届くのか、とても楽しみです。今のこの大変な時期だからこそ、改めてエンターテインメントの力を信じ、少しでも皆さんの心に寄り添えるように心を込めて歌いたいと思います」と気を引き締めている。

最終更新:5/13(水) 4:00
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事