ここから本文です

クマゲラ君、それは大事な卵だよ 札幌で撮影 巣穴をめぐる攻防か

5/13(水) 17:30配信

北海道新聞

木くずと間違えた?

 国の天然記念物クマゲラが、札幌市内の山林で卵をくわえ巣穴から持ち出す珍しい光景を同市南区のアマチュア写真家西山亜希子さんが撮影した。

クマゲラ懸命に巣穴掘り 小樽

 西山さんは4月上旬から毎朝、巣を観察し、今月5日に撮影した。午前6時ごろ、産卵した雌に代わって雄が巣穴に入り、直径約3センチの卵をくわえて外に飛び立った。雄はその後、何もくわえず戻った。

 雄のこの行動の前には、ゴジュウカラが巣穴に木くずを運び込んでいたという。西山さんは「珍しい行動を撮影できた喜びと同時になぜこんなことをするのかビックリした」と話す。

 富良野市の東大北海道演習林の元助手でクマゲラの生態を50年以上研究する有沢浩さん(富良野市在住)は「同様の行動は数回目撃したことがある。非常に珍しい」と言い、「ゴジュウカラがクマゲラの巣穴を乗っ取るため木くずを持ち込み、それを捨てようとしたクマゲラが誤って卵を捨てた可能性がある」と指摘した。

最終更新:5/13(水) 17:30
北海道新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事