ここから本文です

「ホリエモン×峰宗太郎医師」オンライン対談(後編) 新型コロナ収束へ進むべき道

5/13(水) 12:00配信

Medical DOC

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の発令からおよそ1か月。5月に入り新規感染者の数は減少傾向にあるものの、いまだ終息への道筋は見えず、外出自粛や営業自粛が求められるなど、多くの人が厳しい生活を強いられています。

このような状況が続くなか、実業家の堀江貴文氏とウイルス学を専門にされている米国研究機関の峰宗太郎氏によるオンライン対談が実現し、治療薬の効果や終息のタイミング、取るべき政策などについて議論が交わされました。
[この記事は、Medical DOC医療アドバイザーにより医療情報の信憑性について確認後に公開しております]

※この記事は対談後編となります。前編は記事下の関連リンクまたは下記URLよりご覧いただけます。
https://medicaldoc.jp/column/yobolife010_covid-19_1/

堀江 貴文(ほりえ・たかふみ)
1972年福岡県生まれ。作家活動のほか、ロケットエンジン開発やスマホアプリ「TERIYAKI」「755」「マンガ新聞」などのプロデュースも手掛ける。2016年、「予防医療普及協会」の発起人となり、現在は理事として活動。予防医療オンラインサロン「YOBO-LABO」にも深く関わる。同協会監修の著作に、『120歳まで生きたいので、最先端医療を取材してみた』(祥伝社新書)『健康の結論』(KADOKAWA)『ピロリ菌やばい』(ゴマブックス)『むだ死にしない技術』(マガジンハウス)など多数。

峰 宗太郎(みね・そうたろう)
京都大学薬学部卒業、名古屋大学医学部卒業、東京大学大学院医学系研究科修了。国立国際医療研究センター病院、国立感染症研究所、獨協医大埼玉医療センター勤務等を経て2018年より現職。国内外で得たスタンダードな医療知見の元、SNSやブログで正しい医療情報を発信している。医師(病理専門医)、薬剤師、医学博士。専門は病理学・血液悪性腫瘍・感染症の病理診断、ウイルス学、免疫学。予防医療普及協会顧問。

1/3ページ

最終更新:5/13(水) 12:00
Medical DOC

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事