ここから本文です

広島市が安佐動物公園など210施設で18日から休業解除 新型コロナ

5/13(水) 16:26配信

中国新聞デジタル

 広島市は13日、新型コロナウイルスの影響で臨時休業が続いている市管理の安佐動物公園(安佐北区)や植物公園(佐伯区)など210施設について、18日から全部または一部で臨時休業を解除すると発表した。広島県による休業要請が解除されたため。

 市によると、休業の全面解除は170施設、一部解除は40施設。安佐動物公園は18日から「は虫類館」を除いて開く。植物公園や花みどり公園(安佐北区)は同日から全面オープンする。現代美術館(中区)の展示場、ヌマジ交通ミュージアム(安佐南区)の屋外広場なども19日から利用できる。市は近く休業解除の状況をホームページに掲載する。

中国新聞社

最終更新:5/13(水) 16:26
中国新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事