ここから本文です

コロナの影響で奇妙な23歳の誕生日を迎えたデ・ヨング

5/13(水) 10:51配信

SPORT.es

オランダ・南ホラント州アルケルで1997年5月12日に生まれたフレンキー・デ・ヨングは新型コロナウイルス(Covid-19)の制限下のバルセロナにおいて人生で最も奇妙な誕生日を送っている。

ルイス・スアレス “バルサと欧州”2つの偉大なゴール記録に迫る

FCバルセロナのその他の選手たちと同様にフレンキー・デ・ヨングも約5日前からシウター・エスポルティーバ練習場でのトレーニングを再開している。
しかしながら自宅でトレーニングウェアに着替えてくる、個別での練習に限定される等、新型コロナウイルス対策により様々な制限が設けられている。

スペインの全てのプロサッカークラブはリーガが定めたこれらのプロトコルに従っている。

この複雑な時期にフレンキー・デ・ヨングは異国の地で23歳の誕生日を迎えた。
2019年7月1日にFCバルセロナに入団したデ・ヨングは、加入後数か月の重要な時期にバルベルデからキケ・セティエンの監督変更を経験している。バルベルデもセティエンもデ・ヨングに多くの活躍の機会を与えた。
一方で順調に成長しながらも試合においてデ・ヨングはアヤックス時代ほどの輝きは放っておらず、今後一層の成長が期待されている。

ポジションとシステムの違いがデ・ヨングのバルサへの順応の障害となっている。しかし選手本人もこの問題に向き合っており、今後最高のレベルを取り戻す為に努力を惜しまないだろう。

SPORT.es

最終更新:5/13(水) 10:51
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事