ここから本文です

BLUE ENCOUNT 新曲「あなたへ」は「最も優しい楽曲になった」

5/13(水) 19:18配信

TOKYO FM+

BLUE ENCOUNTのボーカル・ギター、田邊駿一さんが、5月12日(火)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」に電話出演。5月13日(水)に配信リリースされた新曲「あなたへ」について、パーソナリティのさかた校長、こもり教頭の質問に答えました。

「あなたへ」は、番組が行った『親子のキズナプロジェクト Supported by 親子のワイモバ学割』から制作された楽曲です。今年2月から期間限定で放送された番組のコーナー「ブルエンLOCKS!」にて募集した、リスナーの周りにある“キズナ”にまつわるエピソードから、“キズナソング”として生まれました。3月に開催された配信イベント『SCHOOL OF LOCK! キズナ感謝祭Supported by 親子のワイモバ学割』では、この楽曲の初披露もありました。



さかた校長:「あなたへ」のレコーディング音源が完成したということで、おめでとうございます!

田邊:ありがとうございます!

さかた校長:「あなたへ」は、どんな楽曲になっていますか?

田邊:BLUE ENCOUNT史上、最も優しい楽曲になったんじゃないかなと思います。一つひとつの音にもこだわりを持って作りましたし、確たる歌詞……大事なメッセージに対して、どんな音を当てるかっていう作業を繰り返しました。1曲にかける時間で言うと、いままでで一番時間が掛かったかもしれないですね。

さかた校長:それが……『キズナ感謝祭』で出来たっていうのは、嬉しいですね。

田邊:はい。本当に嬉しいです。

さかた校長:では、まずは曲を聴いてみよう!

田邊:えっ! もういっちゃう!? やった!!

――ここで、「あなたへ」をオンエア

さかた校長:すげ~優しいっす。

田邊:ありがとうございます。自分で言うのも何なんですけど、めっちゃいい曲です、これ。

こもり教頭:いや~いいですよ。歌詞も拾いたいところがいっぱいありますね。『自分のせいなのに 悪口を言ってしまった』とか、『いつか親になったら 夢がかなったら』とか。

田邊:そうそうそう。

さかた校長:そして、ミュージックビデオでも見させてもらいました。めちゃくちゃいい! 僕たちが、いつも生放送をしているブースで歌っているんですよね。本当に、この歌に生徒が宿っています。

田邊:そうなんですよ。今回は、TOKYO FMのスタジオで撮らせていただいて。ブルエン史上初だと思いますけど、初めて楽器を持っていないMVですね。

校長・教頭:おお!

こもり教頭:たしかに!

田邊:いつもはライブを想起させるようなプレイをしているんですけど、今回は一切楽器を携えずに。

こもり教頭:それよりも、一人ひとりの言葉とか思い出とかに寄り添っていくようなイメージですね。

田邊:そうですね。だから本当にこのMVは、この楽曲をそのまま具現化してもらった感じなんです。優しくも、見てもらった人の……なんだろう? あの日の自分に戻ってもらえるようなすごくいい作品にもなったし、最後には“明日も頑張ろう!”となんか思ってもらえるような作品になっていますね。

さかた校長:しかも、生徒のエピソードとラジオネームも載っているんですよね。

田邊:そうなんです。ブルエンLOCKS! で紹介したメッセージだったり読めなかったメッセージとかも、今回のMVに反映させてもらっています。文字通り、みんなで作った楽曲でありミュージックビデオであるなという感じなので、ぜひチェックしてもらいたいなと思います。

1/2ページ

最終更新:5/13(水) 19:19
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事