ここから本文です

全国高校野球静岡大会、無観客での実施を検討し、開会式中止

5/13(水) 18:11配信

静岡朝日テレビ

 静岡県高野連は13日、第102回全国高校野球選手権静岡大会に関する決定事項を発表した。新型コロナウイルス感染状況を踏まえ、大会実施の可否については「日本高野連からの指示を待つことにする」としながら、開催を前提とし、無観客での実施を検討していくこと、7月5日に予定されていた開会式は中止することを決定。理由については「新型コロナウイルスの感染拡大が抑えられつつある状況ではありますが、終息までに至らず、今後も第2波、第3波も予想されております。この状況下で感染リスク回避の十分な対策を講じるためには、少なくとも必要最低限の人数で大会を進めていく必要があり」としている。
 県高野連によると、今大会出場は111校で109チームの予定。開催する場合は、県内10球場で7月11日から1回戦を行う。なお、日本高野連は今月20日、全国選手権の運営委員会を開き、開催について協議することになっている。

最終更新:5/13(水) 18:28
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事