ここから本文です

県が確保 軽症者など向け療養ホテルを公開

5/13(水) 17:41配信

静岡放送(SBS)

静岡放送(SBS)

 県は、新型コロナに感染した軽症者などの療養に使うため、静岡市内のホテルを確保し、5月13日報道陣に公開しました。

 県が確保したのは、静岡市葵区にある「ホテル東横イン静岡駅北口」です。
<県健康福祉部・田中宣幸医療政策課長>「中部地域の施設を開設することになりました」
 新型コロナに感染した無症状者や軽症者の療養に使うため、地元の同意を得てホテル1棟、全155室を借り上げ、13日から運用を始めました。
<坪内明美記者>「部屋の中は感染予防のため、テレビやリモコン、受話器にカバーがついています。置いてある備品も必要最低限にしています」
 部屋に浴室やトイレがついていることや個別の空調があることから、このホテルが選ばれました。ホテルには、県の職員や看護師が24時間常駐し、必要に応じて医師と連絡を取り合う体制です。
<田中課長>「第二波も予想されているので、備えるという意味が大きい」
 県は、東部と西部でもホテルの確保を進めていて、県内全体で300室を整備する方針です。

静岡放送(SBS)

最終更新:5/13(水) 17:41
静岡放送(SBS)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事