ここから本文です

カローラに2リッター 170馬力の新エンジン搭載|お買い得な特別仕様車も新設定

5/13(水) 14:30配信

MOTA

トヨタは、カローラならびにカローラツーリングに、特別仕様車G-X“PLUS”と、特別仕様車HYBRID G-X“PLUS”を、さらにカローラツーリングには、特別仕様車“2000 Limited”を設定した。

■赤いステッチのワンポイントが素敵♪カローラツーリング 特別仕様車の画像をもっと見る【全27枚】

特別仕様車G-X“PLUS”と、特別仕様車HYBRID G-X“PLUS”は5月13日、特別仕様車“2000 Limited”は500台限定で6月1日から、全国のトヨタ車両販売店を通じて発売される。

カローラツーリング特別仕様車“2000 Limited”

TNGAの思想に基づいて開発された2.0リッターダイナミックフォースエンジンを、カローラシリーズとして日本で初めて搭載。Direct Shift-CVT(パドルシフト付10速スポーツシーケンシャルシフトマチック)と組み合わせ、発進から高速域まで力強くダイレクトな走りを実現しつつ、燃費はWLTCモード16.6km/Lとなる。

市街地はもちろん、山道を走行する時も、荷物を積んで仲間とスポーツやアウトドアを楽しむために出かける時も、爽快に走ることができる。

■細部にまでこだわった特別な内外装
外装は、切削光輝+ブラック塗装の17インチアルミホイールや、シルバーメタリック塗装のルーフレールなどを特別装備。外板色には、特別設定色のレッドマイカメタリック、ブルーメタリックを含む全4色を設定する。

内装では、既に販売しているカローラツーリングの上級グレードに相当する装備に加え、フロントシートは、ホールド性を高めるとともに、表皮に撥水(はっすい)加工を施した上級ファブリックスポーツシートを採用。またインストルメントパネルオーナメントやセンタークラスターなどにはレッド加飾を施し、センターコンソールやドアアームレストにはグレーのステッチを効かせるなど、細部までこだわり抜いたインテリアとなっている。

■ドライブをより快適にする充実の先進的装備
シートヒーター(運転席・助手席)、ステアリングヒーター、エアクリーンモニター、ナノイーを特別装備し快適性も向上。そのほか、ブラック加飾を施した9インチのディスプレイオーディオや、立体的に見えるオプティトロン3眼メーター+7.0インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ、カラーヘッドアップディスプレイなど、先進的な装備も充実している。

1/2ページ

最終更新:5/13(水) 14:30
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事