ここから本文です

バルサとの契約が噂されているピャニッチのツイート

5/13(水) 11:52配信

SPORT.es

ピャニッチの名前は、ここ数週間でFCバルセロナの名前とリンクしている。ボスニア人MFはアスルグラナの次の市場での獲得リストの一人である。

ユーヴェSD「バルサとトレード移籍について話し合っている」

これらの噂が多く飛び交う中、ピャニッチはユベントスのシャツを着ているツイートを投稿した。投稿の内容は移籍には関係のないもので、「ボールを持つ限り一人ではない」といった明るくなるようなメッセージであり、自身の進退に関しては沈黙を突き通した。

2016-17年シーズンにユヴェントスに加入して以来、ピャニッチはチームのゲームメーカーの一人として、マッシミリアーノ・アッレグリやマウリツィオ・サッリが指揮官の下存在感を示してきた。
サミ・ケディラとダブルボランチを組んで先発したり、最近のバージョンではベタンクールやマトゥイディを前におき、アンカーとして少し後ろにポジションを取ったりしている。

ほぼ4シーズンで、ミラレムは167試合に出場しており、先発で149試合、途中出場で18試合と、ユヴェントスに来てからの199試合のうち75%を占めている。

SPORT.es

最終更新:5/13(水) 12:26
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事