ここから本文です

専業主婦の『離婚後のお金』、どうやって暮らしていけば良い?

5/13(水) 19:31配信

ファイナンシャルフィールド

【ご相談内容】
30歳の時に、同じ会社の3つ年下の同僚との間に子どもを授かり、結婚しました。長女を出産後、その後32歳で次女、35歳で長男が生まれ、今では3人の母親です。

長男が中学生になるので、仕事をしようと思っていた矢先にまさかの夫の浮気。どうしても許せません。忙しい夫に代わり、家はしっかり守ってきたつもりです。離婚したいのですがお金が心配です。年金などはもらえますか?

泥沼の家族の中で板挟みの妻

この方の夫は保険営業マン。大変優秀な成績を収め、毎年表彰をされて海外へも行くような方です。人当たりが良い分、つき合っていた当時からモテモテだったようですが、遊びはしても、家庭を不幸にするようなことはしないと思っていたそうです。しかし、浮気をして、帰宅をしないこともあり、子どもたちも巻き込んでしまいました。

妻は何より「子どもが悲しんでいるのがつらい」とのこと。高校生になる長女と次女は、非常に難しい年頃です。好き勝手な行動をする父親に対して日増しに嫌悪感がでてきて、ろくに口も聞きません。このままでは子どもたちに悪い影響がでるのではないかと悩んでいました。

娘たちは、大好きなおばあちゃんに言いつけ、実母も「田舎に帰ってくれば良い」と言います。長女からは「高校卒業し、東京で一人暮らしするまで離婚は待って」と言われました。次女は「私はママが大好きだから、ママと田舎に行くよ」と言ってくれます。

長男は「父さんと離婚したら俺は大学に行けなくなるから困る」と言います。ママ友に相談したら「そんな夫とは、慰謝料をたくさんもらってとっとと別れたら良い」と言われましたそうです。

本当は、裏切られた自分が一番つらいのに、みんなの言うことがバラバラで、もう頭がどうにかなりそう……と悲憤している様子でした。しかし、長年専業主婦で暮らしてきたので、離婚後のお金がとても心配とのことで、ご相談にいらっしゃいました。

まずは冷静に! 離婚後の人生は長い

いろいろな人に相談をしすぎて、かえって迷うケースがとても多いのが夫婦問題。なぜなら、人生は長く、生きていくためには生活があり、心と経済と健康のバランスが大切だからです。まずは冷静に、自分自身を客観的に見ることが必要です。

浮気には一過性のものと、継続性のものと二種類あります。どうもこのご主人は継続性のようで、一年ほど前から浮気をしていたのですが、最近明らかになりました。妻は夫のことを愛しており、話していても終始泣いてばかりいます。経済的には申し分ない夫です。

しかし自分のキャリアを捨てて、子育てを頑張ってきた妻。子どももようやく手が離れ、自分の時間と夫婦の時間を楽しもうと思った矢先の出来事でした。

幸いに、夫は家へ入れるお金を減らすようなことはしません。しかし、離婚が決まった今、夜遅く帰宅して自室へこもり、翌朝は子どもがでかけた後に起きてきます。無言で遅い朝食を済ませて無言で外出する夫。「もう終わりだとわかっていますが、どうしたら良いのか……何も手につきません」と妻は言います。

妻はやや感情的な性格のようです。夫にきつく当たることもあったとか。また、浮気されたことに腹を立て、毎日ご主人をガンガンに責め立てたそうです。その度に夫の態度はかたくなになり、帰宅する足も遠のいてしまいました。

言葉で責めて夫の心が妻に戻るのであれば、いくらでも責めれば良いのですが、それは逆効果。イソップ物語の「北風と太陽」のよう。ご主人も、どこかで反省しているのかもしれません。しかし、北風を吹かされているばかりでは、かたくなな心は固まったままで、妻の元には帰らないかもしれません。

妻にはまず冷静になっていただき、「もし離婚をした場合、どのような生活になるのか」を一緒にシミュレーションすることにしました。

1/3ページ

最終更新:5/13(水) 19:31
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事