ここから本文です

浜松市 3密回避対策の費用 最大30万円補助へ

5/13(水) 19:14配信

静岡朝日テレビ

 浜松市も新たな支援に乗り出します。3密を避ける対策をした飲食店などに最大30万円の補助を検討していることがわかりました。

 関係者によりますと、浜松市は、3密を回避するために間仕切りや換気扇をつけた飲食店や小売店などの中小事業者へ設置費用の半分、最大30万円を補助する方向で調整を進めています。
 対象とする業種を広げるかは検討中で、事業者の数によって補助金の限度額が変わる可能性もあります。
 市は国の専門家会議で提言された「新しい生活様式」を推進し、補助金によって安心して来店してもらえる環境を作り、商業活動を平常に戻したいとしています。20日に開会する市議会5月定例会での予算案提出を目指しています。
 鈴木康友市長は新たな補助金の検討について、きょうの会見では触れず、総額53憶円余りの補正予算案を発表しました。国の補正予算に伴う休業協力金支給事業など新型コロナ対策に19億4610万円を盛り込みました。他には小中学校の子ども全員にタブレット端末を整備するGIGAスクール構想推進事業に14億5190万円を計上しました。

●鈴木康友浜松市長
「緊急時のオンライン授業とかデジタルを活用した教育と 将来に向けてのGIGAスクールとは別のものだということで、すぐに揃うものではありませんので。そこは切り離して考えるべきだと思います」

 今回整備するタブレットは、新型コロナによる休校で導入しているオンライン授業では使わず、学習活動の充実を目的としています。

最終更新:5/13(水) 19:32
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事