ここから本文です

【映像】ロスの刑務所で集団感染発生 受刑者が意図的に感染を図る

5/13(水) 16:12配信

アフロ

 米西海岸カリフォルニア州ロサンゼルス郡刑務所で、新型コロナウイルスへの感染を意図した複数の受刑者が、飲み物の容器を仲間内で使い回ししていたことが、当局が公表した監視カメラの映像で明らかにされた。
 映像は4月26日、同州キャスティークにある群刑務所内で撮られたもので、1週間以内に受刑者21人がCOVID-19に感染していたことが判明した。
 当局によれば、検温に際して口腔(こうくう)内の温度を上げようとし、さらに、ウイルスに感染することを意図して、給湯器からくんだ熱湯を入れた同一容器を使い回して、数人がお湯を飲んだという。
 当局は、受刑者の間に感染が広まれば、釈放されるという誤解が生んだ悪巧みだとしているが、同郡内の刑務所では5月12日、受刑者4590人が隔離され、そのうち222人が陽性と判明し、18人が釈放された。

(アメリカ、ロサンゼルス、5月13日、映像:Los Angeles County Sheriff's Department via Storyful/アフロ)

最終更新:5/13(水) 16:12
アフロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事