ここから本文です

「ナイキ エア フォース 1」が遂にリアクトに対応! そのルックスに惚れた

5/13(水) 19:30配信

GetNavi web

定番中の定番スニーカーと言えば「ナイキ エア フォース 1」。 ベーシックなローカットモデルからミリタリーアレンジした「エア フォース 1 ユーティリティ」まで、多くのバリエーションが存在しています。

NIKE 「ナイキ エア フォース 1 リアクト」の詳細を写真で紹介

ほかにもNBAモデルやSUPREME別注まで、とにかくお財布事情が厳しくなる、という“辛嬉しい(ツラウレシい)”一足です。そんなエア フォース 1に、今度はまさかのリアクト搭載モデル「ナイキ エア フォース 1 リアクト」が登場しました。

リアクトとは、高いクッショニングと耐久性を兼ね備えた、まさにナイキの最新ソールテクノロジー。以前もエアプレストとのフュージョンモデル「リアクト エレメント」を紹介しましたが、今度はエア フォース 1!

一般的にフュージョンモデルの場合、各モデルを足して2で割ったようなデザインになるものですが、本作はエア フォース 1そのもの。シンプルでボリューミーなフォルムをそのまま継承しながら、履き心地を大幅にアップデートしています。

見た目エア フォース 1。履き心地はそれ以上!

アッパーは天然由来の肉厚なレザーをメインに使用していて、重厚な存在感を放っています。

サイドパネルはメッシュに切り替えられていて、高い通気性を確保。これまでのエアフォース 1では見られない大型のスウッシュマークもポイントですね。

本作は都会で楽しむモトクロスやサイクリングなど都市型エクストリームスポーツをテーマにしたシリーズ「D/MS/X」からのリリースで、その証となるロゴがしっかりと配されています。

リアクトテクノロジーを取り入れたドロップインインソールを搭載していて、柔らかく弾むように快適な履き心地を提供。さらにヒールにもエアユニットを内蔵しているので、クッショニング&反発性ともに増し増しです! ちなみにAIR横のラバーパーツをよく見ると「nike react」の文字が。

ちなみに今回撮影したカラーは、残念ながら海外限定カラーとなります。日本展開カラーは、春に相応しいクリーンでシンプルな「ホワイト/ピュアプラチナム」と、ブラックとトリコロールをミックスした「ブラック/ジムレッド/ジムブルー/ホワイト」の2色など。こちらもぜひとも要チェックです。

エアフォース1本来のエアユニットとリアクトテクノロジーを使用したインソールのダブル効果ということで、履き心地の良さは言うまでもありませんね。 しかもシンプルだから合わせやすい。何を買うか迷ったら、これなら間違いありません。

本間 新

最終更新:5/13(水) 19:30
GetNavi web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事