ここから本文です

ニュージーランド、台湾のWHO総会参加を支持 中国は非難

5/13(水) 16:45配信

ロイター

ニュージーランドのピーターズ外相は12日、来週の世界保健機関(WHO)総会への台湾の参加を支持したのを中国政府が非難したことに言及し、ニュージーランドは自国の立場を貫く必要があると述べた。

NZのアーダーン首相は、台湾を巡り中国と対立している。
中国政府は、台湾による世界保健機関(WHO)総会参加をNZが支持すれば、中国とNZの関係に悪影響を与える恐れがあると警告していた。
アーダーン首相は12日の会見で、「1つの中国」を支持する立場を改めて表明。
台湾は中国の反対で、WHOに加盟できていない。
「われわれは常に、『1つの中国』を支持する立場をとってきた。この立場に変わりはない」
「世界は中国の対応から多くを学んだ。武漢封鎖で拡大抑制力を示し、多くの人命を救った。同様に、台湾のような地域も、特別な対策で感染拡大の抑制に成功している」
NZの閣僚らは前週、台湾が感染拡大を早期に封じ込めたことを踏まえて、オブザーバー参加を認めるべきだと表明。
ピーターズ外相は12日の記者会見で、台湾の対応を称賛。この問題が、最大の貿易相手国である中国との関係に悪影響をもたらすとは思わないと述べた。
「私たちは自ら立ち上がらねばならない。真の友情は、平等に基づいており、真の友情は、異なる意見が持てるということだ。
世界を注意深く見た結果、新型コロナの抑制に向けた良い例が見つかった。台湾は傑出した社会だ」
台湾外交部は声明で、NZによる支持表明に謝意を示した上で、中国がNZを非難したことに遺憾の意を表した。

最終更新:5/14(木) 7:05
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事