ここから本文です

【長崎】10万円 特別定額給付金支給始まる

5/13(水) 21:14配信

長崎文化放送

NCCスーパーJチャンネル長崎

 新型コロナウイルスの緊急経済対策で国が国民一人当たり10万円を配る特別定額給付金の支給が県内の一部の自治体で始まっています。五島市は申請書を送った約2万世帯のうちオンライン申請の一部149世帯分を13日、指定口座に振り込みました。今後も振込手続きができ次第、順次支給します。11日に受け付けを始めた郵送申請は15日から順次支給します。五島市総務課行政推進班の都々木俊明係長は「1日も早い支給を心掛けているが申請書を提出して頂く際、添付漏れがあるので身分証明書と通帳の写し(振込口座)の添付漏れがないようにお願いしたい」と話しました。給付申請した市民は「非常に助かる」「私は反対。国の借金が相当あるのにまた借金をつくるなんて」「10万円なんて使うことない」など話しました。一方、長崎市も2日からオンライン申請を受け付けています。郵送による申請書は16日から発送します。市役所はオンライン申請に必要なマイナンバーカードの暗証番号を忘れるなどした市民で混み合っているため市は郵送での申請を呼び掛けています。長崎市中央総合事務所中央地域センターの藤田郁世所長は「7日と8日は120分まではいかなかないが、それに近いような待ち時間だった」と話しました。長崎市はオンライン申請の給付を22日から、郵送申請の給付を6月上旬に始める予定ですが、入力不備や窓口処理に時間を要す状況を踏まえ「郵送申請の方が給付までの期間が早くなる可能性が見込まれる」としています。

最終更新:5/13(水) 21:14
長崎文化放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事