ここから本文です

メッシとラウタロ “ダブルLM”をバルサで実現へ

5/13(水) 19:02配信

SPORT.es

ラウタロ・マルティネスのFCバルセロナ移籍の可能性は高くなっている。彼は最高品質の選手であり、アルゼンチン代表でレオ・メッシと共に対戦している。

ラウタロ・マルティネスのバルサ移籍にPSGが干渉

アルゼンチンの“LM”の2選手はリオネル・スカローニの下で7試合を共にプレーし、5つのゴール(メッシ:3、ラウタロ:2)を記録し、3つの勝利を収めている。

アルゼンチン代表でのメッシ(138試合で70ゴール45アシスト)とラウタロ(17試合で9ゴール1アシスト)の関係は、発展のために多くの時間を必要としておらず、関係は良く見える。

彼らが会った最初の試合は2019年3月のアルゼンチン対ベネズエラ戦(1-3)であった。この試合でメッシはゴールを決め、ラウタロは70分に出場した。

2019年のコパ・アメリカではメッシが得点を奪ったパラグアイ戦(1-1)で、コンビネーションを見せていた。それ以来、彼らは出場機会を共にすることが多くなった。

ラウタロの得点で2-0でベネズエラを下したのと同様に、カタールを2-0で勝利した。ブラジルには2-0で敗れたものの、良い形を見せていた。

SPORT.es

最終更新:5/13(水) 19:02
SPORT.es

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事