ここから本文です

新型コロナで31日間昏睡状態…米国の76歳男性が奇跡の回復、退院し歩行も可能に

5/13(水) 17:02配信

ENCOUNT

「私がここにいられる理由は1つ」

 新型コロナウイルスに感染し、医師から「生きる可能性が1%」と告げられた男性が、奇跡的に回復した、と米テレビ局「WESH」が報じている。

【画像】コロナ対策も万全…防護服を頭からかぶり、スーツケースを持って空港内を歩くナオミ・キャンベル

 回復したのは米オハイオ州のゲイリー・キャンベルさん(76)。3月上旬に悪寒の症状が出て、咳がひどくなり、同州の病院に入院したが、症状が悪化。31日間、昏睡状態になったという。

 医師は「彼が生きる可能性は1%です」と家族に伝え、家族もお別れを告げたというが、その後、驚異的な回復をみせ、約6週間後(45日間)に退院したという。

 ゲイリーさんは「私がここにいられる理由は1つ。それは素晴らしい家族の絆です」と話した。人工呼吸器を25日間つけていたため、まだ固形食を食べることはできないが、現在は歩けるまでに回復したという。

◆私たちENCOUNT編集部では、新型コロナウイルスについて取材してほしいことを募集しております。info@encount.pressまでお寄せください。

ENCOUNT編集部

最終更新:5/13(水) 17:05
ENCOUNT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事