ここから本文です

松本莉緒 出産時に尾骨を骨折していた 「力む過程のどこかで…」第1子男児誕生の詳細インスタで報告

5/13(水) 11:12配信

中日スポーツ

 女優でヨガインストラクターの松本莉緒(37)が13日、自身のインスタグラムを更新し、第1子となる男児の出産を報告した。

 松本は「私事で大変恐縮ではございますが、このたび、2020年5月11日に長男を授かりました事をご報告いたします」とつづり、妊娠期の嗅覚過敏や、水も飲めない壮絶なつわり症状を明かし、「やっとつわりが落ち着いて来たころに、切迫早産で突然の入院を余儀なくされ何も持たずに即入院」と早期に入院してたことも報告した。

 その後、退院したが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で通院から家族の付き添いができなくなり、今回の出産も夫は立ち会えなかったという。さらにマスクをしての出産だったようで「途中過呼吸にもなりそうになりました。出産後、力む過程のどこかで、尾骨を骨折していた事が分かりました」と明かした。

 「そんな事もありましたが、自分が産まれてからの人生の中での出来事が走馬灯のように頭によみがえり駆け抜け、命を生み出す奇跡、母の偉大さに感動した出産でした」と振り返ると、コロナ禍での出産に対して「これから出産される妊婦さんも安心して、気持ちを強く前向きに。感染対策は慎重に慎重を重ね、栄養のある食事を心がけて自分と赤ちゃんを信じ頑張ってくださいね!!」と不安を持つママへと呼び掛けた。

 今後は「骨折、体力の回復に専念し、ゆっくりと家族との時間を味わいたいなと思っております」としている。

 松本は「松本恵」名義で1999年まで活動し、2002年に松本莉緒に改名。女優、国際ライセンスを持つヨガインストラクターとして活動している。昨年10月22日に結婚、同12月に第1子の妊娠を報告していた。

最終更新:5/13(水) 13:19
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事