ここから本文です

通販サイトでのマスク1枚の価格が下落 最低単価21円、平均単価は40円に

5/13(水) 17:40配信

ENCOUNT

需給バランスも改善が見られる

 通販サイトでの在庫から、最安値を探すことができるウェブサービス「在庫速報.com」が、4月24日から5月12日の18日間で、マスク1枚あたりの最低単価と平均単価をリサーチ。共に最安値を更新したことを発表した。

【画像】マスク1枚の価格推移 4月から5月にかけて急激に下落している

 アスツール株式会社では、新型コロナウィルスの影響によるマスクの品薄・品切れ、ネット上における価格急騰問題への対策として、通販サイトで在庫があるマスクを単価の低い順に表示するウェブサービス「マスク在庫速報.com」を開発。現在はサービス名を「在庫速報.com」へ変更し、マスクや消毒ジェルなど7商品の検索に対応している。

「在庫速報.com」では、4月1日よりマスクの価格の記録を開始。4月24日までは最低単価55円、平均単価(「在庫速報.com」に掲載されたマスクのうち、単価が低い上位100商品の平均値)は80円程度で推移していた。

 しかし、4月24日以降、価格が急激に下落。5月12日午後6時時点では最低単価21円、平均単価40円になり、共に最安値を更新。直近18日間で最低単価は63%、平均単価は48%下落したことになる。

 また価格の下落に加え、販売製品の納期についても、4月初旬では即納商品がほとんどなかったのが、4月末で2割程度、5月12日時点では半分程度まで増えてきており、需給バランスが急速に改善している様子が伺える。

ENCOUNT編集部

最終更新:5/13(水) 17:50
ENCOUNT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事