ここから本文です

消費者庁長官が濃厚接触者で在宅勤務 同庁は引き続きテレワークで感染対策を推進

5/13(水) 18:30配信

AbemaTIMES

消費者庁のトップが濃厚接触者となり在宅勤務を行っている。消費者庁によると、伊藤明子(いとう・あきこ)長官と同居している家族が新型コロナウイルスに感染していることが11日に判明した。

【映像】コロナ、“感染”男に唾吐かれて感染、死亡

 保健所などの判断で伊藤長官も濃厚接触者に当たるため、きのうから在宅で勤務を行っている。期間は2週間で、伊藤長官に熱やのどの痛みなどの症状は出ていないということだ。

 消費者庁はこれまでもテレワークなど感染対策を進めていて、職員についてはこれまで通りの体制で業務を続けるとしている。(ANNニュース)

最終更新:5/13(水) 18:30
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事