ここから本文です

DeNA、湘南ベルマーレなど神奈川の医療現場支援へ「eスポーツ大会」チャリティーイベント開催へ

5/13(水) 19:39配信

中日スポーツ

 神奈川県内のスポーツチームの現役選手が、競技の垣根を越えてオンラインで戦うチャリティーイベント「One KANAGAWA Sports All―Star Cup 2020」が、5月末に開催されることになった。

 サッカービデオゲーム「FIFA 20(エレクトリック・アーツ)」を競技種目とする「eスポーツ大会」として開催され、大会の模様はインターネットを通じて配信(放送日は後日発表)。クラウドファンディングやチャリティーオークション等を活用して企業協賛や視聴者から寄付金を募り、開催経費を除いた全額が、新型コロナウイルス関連の医療従事者支援として、神奈川県に寄付される。

 発起人はサッカーの湘南ベルマーレとプロ野球のDeNA、KPMGコンサルティング株式会社の3社。新型コロナウイルス感染拡大による閉塞(へいそく)感の中、国内主要プロスポーツのチーム数全国トップの神奈川県が1つになって、スポーツファンに少しでも楽しい時間を過ごしてほしい、また医療現場の最前線で働く方々を応援する機運を高めたい、という思いで発案されたという。

 現時点では、【野球】横浜DeNAベイスターズ【サッカー】SC相模原、川崎フロンターレ、湘南ベルマーレ、ノジマステラ神奈川相模原、横浜FC、横浜F・マリノス、Y.S.C.C.横浜【バスケットボール】川崎ブレイブサンダース、横浜ビー・コルセアーズ【フットサル】湘南ベルマーレフットサルクラブ、Y.S.C.C.横浜フットサル【ラグビー】三菱重工相模原ダイナボアーズ【アメフット】ノジマ相模原ライズ【バレーボール】NECレッドロケッツが賛同し、選手のスケジュールを調整中(各競技50音順)。

最終更新:5/13(水) 19:39
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事