ここから本文です

台風1号に暴風域が出現 発生から21時間で発達

5/13(水) 21:32配信

ウェザーニュース

 5月13日(水)18時現在、台風1号(ヴォンフォン)はフィリピンの東を西寄りに進んでいます。台風発生から21時間の発達で、中心付近には風速25m/s以上の強い風が吹く暴風域が出現しました。

▼台風1号 5月13日(水)18時
 存在地域   フィリピンの東
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     西北西 ゆっくり
 中心気圧   985 hPa
 最大風速   30 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 40 m/s

日曜から月曜に沖縄の南へ

 台風1号は西に進んでフィリピン北部付近に接近したあと、北上して沖縄の南へ向かい、さらに向きを変えて北東方向に進む可能性が高くなっています。

 その後の進路や勢力は予想が難しい状況ですが、北上に伴い徐々に勢力を落とすものとみられます。

 沖縄では台風や湿った空気の影響で、17日(日)から18日(月)にかけて荒れた天気となる可能性があります。雨や風への備えを早めに行い、今後の情報に注意してください。

台風の名前

 台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

 台風1号の名前「ヴォンフォン(黄蜂/Vongfong)」はマカオが提案した名称で、「すずめ蜂」を意味します。

ウェザーニュース

最終更新:5/13(水) 21:34
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事