ここから本文です

子供の「断捨離」に目からウロコ! 巣ごもり大掃除で起きた嬉しい誤算

5/13(水) 10:45配信

LIMO

2019年のゴールデンウイークは10連休ということもあり、多くの人が旅行やいつもより長めの帰省をしたことでしょう。それが今年は、新型コロナ対策の全国的な緊急事態宣言で自宅に籠る日々が続くことになりました。

筆者はこの機会に家の大掃除をしてみたところ、驚くほど多量の不用品を処分することになりました。意外なことも多々あった断捨離の顛末を紹介します。

昨年は春の大掃除をしなかった

普段のゴールデンウィークは、平日を挟むことから学校は通常通りに行われます。大人は休みだけれど子供は登校して家にいない日を利用し、筆者の家では夫と2人で春の大掃除をするのが恒例となっていました。

しかし、昨年は学校も含めて10連休という破格の連休になったため、最初から最期まで家族で遠出することに。結果として年末の大掃除に負担がかかり、ある意味中途半端な状態で年を越してしまったのは否めません。そのため、この連休中の大掃除は去年の反動で大変な作業になるのでは、と内心思っていました。

そんな中、緊急事態宣言が全国に拡大されて休校措置が延長になり、遠出の計画が全て白紙になったことで、必然的に家族全員で家に籠ることになりました。

夫はこれを良い機会と捉え、「毎日1カ所ずつ掃除をしていこう」と提案してきたのです。1日で全部やるのは疲れるし、今回はどこにも出かけないからじっくり選別しながらやっていこうという考えに筆者も賛同し、リビングから取り掛かることにしました。

「いる」「いらない」を徹底してみたらゴミの山に

リビングには通販カタログや子供の図画工作の作品が所狭しと置いてあります。中には埃をかぶったままのものまである始末。子供3人の筆者宅では、どうしても学校などで作ってきた作品が溜まりがちになってしまいます。

筆者が「それぞれ思い入れもありそうだし」と悩んでいると、当の本人たちはあっけらかんと「全部捨てていいよ」と言ってきたのには驚きました。とりあえず、子供の成長の記録にもなるので写真を撮って全て処分すると驚くくらいゴミが出たのです。

台所は、通常の大掃除では筆者が全て担当していましたが、今回は夫も加わってさらに断捨離が進みました。5年以上全く使っていない鍋やミルサーも思い切って手放すことを決意。戸棚には幼児向けの箸や食器も出ていましたが、急成長中の子ども達が二度と使わないのは明らかなので次々と処分をしていきます。

断捨離するには「迷いを断ち切ることが必要」と自分に言い聞かせて選別していくと、普段から使用している食器類は限られていることが嫌というほど分かります。

それ以外の食器について、一つ一つ「使うことがあるのか」と自問自答しましたが普段使いにかなうはずがありません。結局台所では、普段使いと来客用の食器以外を処分したり、調味料の整理整頓をしたところ想像以上に空きスペースができました。

1/2ページ

最終更新:5/13(水) 14:35
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事