ここから本文です

隣の芝生は…貯蓄1000万円以上の世帯はどのくらい?

5/13(水) 18:45配信

LIMO

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による緊急事態宣言が出て、すでに収入面で影響を受けている方、今現在で影響がなくても近い将来に収入減にならないか? と心配なご家庭も多いと思います。いざという時の頼みの綱は貯蓄ですが、世間の人の貯蓄がどれくらいなのか? 貯蓄高の割合はどうなっているのか? 気になるところです。

総務統計局「家計調査報告(貯蓄・負債編)-2018年(平成30年)平均結果-(二人以上の世帯)」をみてみましょう。

貯蓄現在高は1752万円で2年連続の減少

前述の調査には「2人以上の世帯における2018年平均の1世帯当たり貯蓄現在高(平均値)は1752万円で,前年に比べ60万円,3.3%の減少となり,2年連続の減少となっている。」とあります。直近10年で見ると、2016年の1820万円まではほぼ右肩上がりでしたが、2017年から減少しています。

貯蓄の平均が下がっているのならば、収入も下がっているのでしょうか? 前述の調査には「年間収入は622万円で,前年に比べ5万円,0.8%の増加」とあります。収入は増えているけれど、貯蓄は減っているということが読み取れます。

貯蓄ゼロを含めた「中央値」は741万円

前述の貯蓄現在高を知ると「本当にみんな、そんなに貯めているの?」と思って焦るかもしれません。大丈夫です、安心してください。同調査に「貯蓄現在高が平均値(1752万円)を下回る世帯が約3分の2を占める」とあります。つまり、貯蓄が1752万円以上の世帯は全体の3分の1だけなのです。

また前述の調査には、データを並べた時の真ん中になる中央値という数字も示されています。貯蓄「0」世帯を入れない貯蓄保有世帯の中央値は798万円、貯蓄「0」世帯を含めた中央値(参考値)は741万円と示されています。自身の世帯の貯蓄と比べて、いかがでしょうか? 

我が家と同じ貯蓄の世帯はどのくらい?

次に、前述の調査にある勤労者世帯の貯蓄別割合をみてみましょう。ちなみに貯蓄額の区切りは、1000万円までは100万円刻み、それが1000万円~2000万円になると200万円刻み、2000万円~4000万円までは500万円、3000万円以上は1000万円刻みになっていて「なるほど」と思います。

 貯蓄0万円~1000万円未満:58.8%(100万円刻み)

100万円未満:12.6%
100万円~200万円未満:6.9%
200万円~300万円未満:6.7%
300万円~400万円未満: 6.6%
400万円~500万円未満: 6.1%
500万円~600万円未満: 4.8%
600万円~700万円未満: 4.5%
700万円~800万円未満: 3.7%
800万円~900万円未満: 3.9%
900万円~1000万円未満:3%

 1000万円~2000万円未満:20.7%(200万円刻み)

1000万円~1200万円未満:6.4%
1200万円~1400万円未満:4.9%
1400万円~1600万円未満:4.1%
1600万円~1800万円未満:2.8%
1800万円~2000万円未満:2.5%

 2000万円~3000万円未満:9.2%(500万円刻み)

2000万円~2500万円未満:5.4%
2500万円~3000万円未満:3.8%

 3000万円以上:11.1%(1000万円刻み)

3000万円~4000万円未満:4.7%
4000万円以上:6.4%

おおよそですが、10人のうち1000万円未満の人が6人、1000万円~2000万円未満の人が2人、2000万円以上の人が2人だということが分かりました。

1/2ページ

最終更新:5/13(水) 20:50
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事