ここから本文です

GW期間中 関空の出入国者数が去年比99.8%減

5/13(水) 19:20配信

ABCテレビ

ゴールデンウィーク期間中に関西空港を利用して出入国した人の数が、去年より99%以上減ったことがわかりました。

大阪入国管理局によりますと、先月24日から今月6日までの13日間に、関西空港の国際線を利用した人は2150人で、84万人あまりだった去年に比べ99.8%減少しました。一部のヨーロッパ便などを除き、長距離便は欠航になっているため、上位の渡航先は中国、韓国、台湾となっていてアジアが9割近くを占めました。関西空港のゴールデンウィーク期間の国際線は日本航空、全日空が1便も飛ばさず、全体でも1日1~2便の運行が続いていました。

ABCテレビ

最終更新:5/13(水) 19:50
ABCテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事