ここから本文です

ポスト・マローン、自身のライフスタイル・ブランドを通じて医療従事者を支援

5/13(水) 11:50配信

Billboard JAPAN

 ポスト・マローンが、新型コロナウイルスと最前線で闘う米国の医療従事者を支援するために自身のライフスタイル・ブランドShaboinkを再ローンチした。

 「Shaboinkは、楽しさを加速するために設立されました。ポスト・マローンのアイディアから生まれたCBDカンナビジオール商品を提供するブランドから現在は、理由、時、その内容を問わず、楽しみを支援するものへと成長しました」と公式サイトは説明しており、「私たちは、新商品のクリーン・キットを発表することをとても嬉しく思います。クリーン・キットには、あとで“Shaboink”できるように、自身を清潔に保つために必要なアイテムが全て入っています」と綴っている。

 このクリーン・キットには、手の除菌スプレー、3層マスク10枚、石鹸シート20枚、ビタミンCキャンディ2個、ウェットティッシュ20枚、使い捨ての手袋2枚が入っており、価格は50ドル約5,300円となっている。現在プレオーダーが開始しており、商品は6月1日から15日の間に発送が予定されている。今回の売上の一部は、非営利団体ダイレクト・リリーフへ寄付される。加えて、Shaboinkはダイレクト・リリーフと協力し、4万枚のN95マスクを医療従事者へ提供することもインスタグラムで発表している。

 ポスト・マローンは先月、約80分に及ぶニルヴァーナのトリビュート・ライブを生配信し、80万ドル約8,300万円以上の支援金を集めた。支援金は全て、国連財団によるWHOのための新型コロナウイルス感染症対応連帯基金COVID-19 Solidarity Response Fund for WHOへ寄付される。

最終更新:5/13(水) 11:50
Billboard JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事