ここから本文です

3機出揃う異形のボーイング747「ドリームリフター」 新型コロナ支援物資を大胆輸送!

5/13(水) 11:58配信

乗りものニュース

15万以上の医療物資をアメリカへ

 アメリカの航空機メーカー、ボーイングは現地時間2020年5月11日(月)、3機の「ドリームリフター」を用いて、サウスカロライナ州の医療関係者にむけ、個人防護具を輸送しています。

【写真】「ドリームリフター」貨物室内もデカイ!

 新型コロナウィルスの渦中、ボーイングでは継続的な支援活動の一環として、「ドリームリフター」を使っての物資輸送フライトを行っています。「ドリームリフター」は「ジャンボジェット」と呼ばれるボーイング747-400型機を改修した、巨大な貨物室をもつ世界に4機しかないモデル。平時はボーイングの航空機パーツの輸送を専門としており、そのほかの物資を運ぶのは、このような救援輸送を除けば異例のことです。

 今回の物資輸送フライトでは、このうちの3機が一度に用いられ、計15万を超える個数の保護用ゴーグルとフェイスシールドを輸送。サウスカロライナ医科大学のスタッフにむけ、これらが届けられています。

乗りものニュース編集部

最終更新:5/13(水) 13:46
乗りものニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事