ここから本文です

自粛要請後も東京都の消費者は週の買い物日数・回数ほぼ変わらず、家計簿アプリ「CODE」から

5/13(水) 12:30配信

BCN

 リサーチ・アンド・イノベーションは、家計簿アプリ「CODE(コード)」に登録されたレシートと商品バーコード情報をもとに、東京都から“買い物は3日に1回程度に”という買い物自粛要請が出された4月23日を境にした前後1週間の、東京都の消費者による買い物データを5月11日から公開している。



 調査は、4月23日を境にした前後1週間の4月16~22日、4月24~30日の期間における、東京の消費者1万2119人の買い物データをもとに行われている。

 買い物自粛が要請される前(4月16~22日)と、要請後(4月24~30日)の買い物日数を比較すると、1週間の平均買い物日数は要請前が3.25日、要請後が3.17日とほぼ変わらず、むしろ週に4日以上買い物をした人が微増した。
 

 要請前と要請後の、1週間当たりの平均買い物日数の比較では、要請前が6.25回、要請後が6.12回と、平均値がわずかに下がっているものの、ほぼ変わらない結果となっている。ただし、0回の人数が微増、20回以上の人数が微減した。
 

 買い物をした時間帯は、要請後の方が要請前よりも9~14時台が増加し、17時以降が大きく減少している。
 

 1週間のレシート1枚当たりの平均購入商品点数は、要請前が5.68点、要請後が5.80点と、要請後の方がわずかに商品点数が増えた。
 

 1週間のレシート1枚当たりの平均合計金額は、要請前が1695円、要請後が1832円と、要請後に1回の買い物当たりの金額が137円増加している。
 

 購入された商品の内訳では、買い物自粛要請前から、巣ごもり消費で内食需要がもともと高かったものの、要請後は買い物日数を抑えるためか、「農産物」が大幅に増加した。また、「生麺・ゆで麺」「納豆」「豆腐」なども増えている。

最終更新:5/13(水) 12:30
BCN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事