ここから本文です

「TAKE OUT」のぼり製作 印刷会社、無償提供

5/13(水) 8:22配信

岐阜新聞Web

 のれんやのぼりなどを手掛ける岐阜県郡上市大和町島のスクリーン印刷業KEIZ(ケイズ)は、新型コロナウイルスによる休業要請で「テークアウト」に切り替えた飲食店向けに、店頭に掲げてPRできる「のぼり」を製作し、無償で提供している。

 自社オリジナルデザインで3種類を製作。「TAKE OUT お持ち帰りできます。」と記され、スプーンとフォークの絵がついた洋食店向け、コーヒーを連想させる茶色を基調にしたカフェ向け、青色で日本語表記のみの和食店向けがある。同社の担当者は「店や街並みになじむようなシンプルなデザインを心掛けた」と話す。

 4月中旬に会員制交流サイト(SNS)などで告知したところ、30店舗超から依頼があったという。上村均社長は「今まで支えてもらった地域に何か恩返しができればと企画した。支え合いの輪が広がることにつながれば」と語る。

 のぼりは1枚目は無料、2枚目以降は1枚千円(税込み)となる。同社での受け渡しが原則だが、遠方の場合は配送も可能。同社は他に手拭い用の生地で5枚分のマスクを作ることができる「立体マスクキット」(税込み1320円)も販売している。問い合わせは同社、電話0575(88)3998。

岐阜新聞社

最終更新:5/13(水) 8:22
岐阜新聞Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事