ここから本文です

シン・ドンヨプ&スジ&パク・ボゴム、「百想芸術大賞」MCに抜てき=6月5日に無観客で開催

5/13(水) 13:12配信

WoW!Korea

タレントのシン・ドンヨプ、女優スジ(元Miss A)、俳優パク・ボゴムが3年連続「百想芸術大賞」MCを務める。

パク・ボゴムのプロフィールと写真

 3人は来る6月5日、キョンギド(京畿道)イルサン(一山)KINTEXで開かれる第56回百想芸術大賞MCに確定し、約3時間の授賞式を進行する。

 シン・ドンヨプ、スジ、パク・ボゴムは2018年から3年連続「百想芸術大賞」MCを担うため、その意味が格別だ。最高のタレント シン・ドンヨプは第50回から第52回まで「百想芸術大賞」の3年連続MCを務めた。1年休んだ後3年連続でマイクを握っている。候補者らの親切な説明やウィットのあるコメントまで授賞式を導き、好評を博した。

 5年連続MC席に立つことになったスジは“百想の女神”という言葉に違和感がないほど象徴性が大きい。ガールズグループからスタートし、ドラマや映画を行き来する20代女優の代表走者として、優れた美貌を持っているだけでなく、落ち着いた進行実力もすばらしい。 2人の男性MCで柔軟な緩急調節で授賞式を円滑にリードする。ドラマと映画を行き来しながら撮影しているにもかかわらず、喜んで時間を割いた。

 アジアで愛されているパク・ボゴムも3年連続でMCを担う。デビュー以降、絶えず活動してきたフィルモグラフィと数年間、音楽番組MCで鍛えられた進行の実力、台本を全部覚えてキューカードがなくても、水が流れるような進行を見せてくれる姿がすばらしい。ドラマ「青春記録」の撮影で忙しいスケジュールにもかかわらず、「百想芸術大賞」主催側のラブコールに応じた。

 第56回百想芸術大賞は2019年4月1日から2020年4月30日まで地上波、総合編成、ケーブル、OTT、ウェブで提供されたコンテンツや同時期に韓国で公開された韓国の長編映画及び公演した演劇を対象とする。各部門を代表する専門家集団が審査委員を推薦、部門別審査委員が委嘱されて候補を最終選定した。

 6月5日午後5時から京畿道一山KINTEXより生放送される、新型コロナウイルスの状況を勘案して無観客で開催される。

Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp

最終更新:5/13(水) 13:12
WoW!Korea

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事