ここから本文です

チェフ氏がチェルシー退団当時を回想「思い描いていたものではなかった」

5/13(水) 16:00配信

超WORLDサッカー!

元チェコ代表GKのペトル・チェフ氏がチェルシー退団時を振り返った。

チェフ氏は、スパルタ・プラハやスタッド・レンヌでプレーした後、2004年7月にチェルシーへ加入。2015年7月までの10シーズンで、チャンピオンズリーグ(CL)1度、プレミアリーグ4度を含む15度の戴冠を経験。個人としても、欧州最優秀GK賞を4度、プレミアリーグ・ゴールデングローブを4度獲得するなどリーグ屈指の守護神として君臨していた。

【動画】ペトル・チェフ、チェルシー時代のスーパーセーブ

しかし、2014年夏にベルギー代表GKティボー・クルトワ(現レアル・マドリー)がアトレティコ・マドリーへのレンタル移籍から復帰すると、当時のジョゼ・モウリーニョ監督はクルトワを守護神に抜擢。チェフ氏はそのシーズンを第2GKとして過ごした後、2015年7月にアーセナルへ完全移籍していた。

昨シーズン限りで現役を引退したチェフ氏は、現在チェルシーのテクニカル兼パフォーマンスアドバイザーを務めているが、クラブ公式サイトで退団当時について振り返った。

「私は全く幸せではなかった。プレシーズンに自分がどれだけ一生懸命努力したかを分かっていた。自分の立場を維持する準備ができていないことを示唆するものは何もなかった」

「しかし、フットボールチームでは、毎週1人のゴールキーパーしかプレーできない。残念ながら違った。ティボーは可能性と質を備えたクラブの未来とみなされていた。それが自分の時間ではなくても、選択が行われたことを理解した」

「チェルシーを離れることは私の中で最も難しい決断だった。長い間このクラブでプレーし、クラブの歴史の大部分を占めるようになり、チェルシーでキャリアを終えるか数年後にクラブを去るつもりだった」

「その瞬間は、その時が来たと思わなかった。それは私が頭に思い描いていたものではなかった。しかし、私の旅が終わりを迎えたことは明らかであり、別のことに挑戦してみることにした」

チェルシー退団時の辛い思いを明らかにしたチェフ氏だが、彼の現役ラストゲームが昨シーズンのヨーロッパリーグ(EL)決勝、チェルシー戦であったことは何かの因果かもしれない。

超WORLDサッカー!

最終更新:5/13(水) 16:00
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事