ここから本文です

アーセナル元主将ヴィエラ氏が古巣に言及「私はいつでもグーナーだからチェックしている」

5/13(水) 19:05配信

超WORLDサッカー!

アーセナルOBである元フランス代表MFパトリック・ヴィエラ氏が指揮官のミケル・アルテタ監督を称賛している。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

【動画】アルテタの監督としての初日に密着!

アルテタ監督は、ウナイ・エメリ前監督の解任を受け、2019年12月に古巣であるアーセナルの指揮官に就任。新型コロナウイルス(COVID-19)によるリーグ戦中断前には今季初の3連勝をマークし、チームの立て直しを図っていた。

ヴィエラ氏もアルテタ政権での復活した古巣を評価し、アルテタ監督を称賛していると、同じくクラブOBのイアン・ライト氏とのアディダスのインタビューで語った。

「私はいつでもグーナーだからいつも彼らをチェックしているよ。彼らの試合を観ている」

「アルテタの指揮下で興味深いのは、彼らが元気を取り戻し、選手がクラブのために、そして監督のためにプレーしているように見えることだ。それは非常に重要なことだと思う」

また、現在はニースの監督を務めるヴィエラ氏だが、将来的にチャンピオンズリーグに出場するようなクラブを指揮したいという願望を明かした。

「私の未来がどうなるか分からないが、この仕事はまるで選手の時のようだ」

「私は高いレベルでプレーしたかった。代表チームでプレーし、ワールドカップに行きたかった。最高の選手とプレーしたかったし、監督として同じ野望を持っている」

「チャンピオンズリーグで優勝できる、チャンピオンズリーグに出場できるチームの監督をしたいと思っている」

大きな野望を抱いているヴィエラ氏だが、まだニースを離れるつもりはないようだ。

「しかし、正直なところ、ニースは私にとって完璧な場所だ。野望を果たすことができる完璧な場所だ。クラブは本当に野心的で、私に監督として成長するツールを与えてくれ、優勝チームの一員となることも優れた試合をプレーすることもできる」

「チームはとても早く成長しており、うまくいけば、ニースで自分の目的を果たすことができる」

超WORLDサッカー!

最終更新:5/13(水) 19:05
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事