ここから本文です

オーウェンがレアル・マドリーで「神だと思っていた」選手とは?

5/13(水) 19:40配信

超WORLDサッカー!

元イングランド代表FWマイケル・オーウェン氏がレアル・マドリー時代の同僚について語った。

【動画】現役時代の神が魅せたあの超有名なスーパーボレー

リバプールで得点を量産したオーウェン氏は、2004年夏にレアル・マドリーへ移籍。在籍は1年のみであったものの、“ロス・ギャラクティコス(銀河系軍団)”の一員となった。

マドリーでは当時世界最高の選手の1人として評価されていた元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏とも一緒にプレーしたが、その姿は「神」のようだったとイギリス『BBC』のポッドキャストで述べた。

「ジネディーヌ・ジダンは技術的に最も才能のある選手だった。彼はボールを足で持つために生まれた」

「彼がボールを走らせたときでも、常に同じ距離にあった。すべてのタッチ、左足、右足、彼がしたすべてのことはとても自然だった」

「ボールは副産物だった。彼が動けば、ボールは彼と一緒に動いた。彼は絹のようで、とても才能があった」

マドリー時代にはジダン氏以外にも、元ポルトガル代表FWルイス・フィーゴ氏や元ブラジル代表FWロナウド氏ともプレーしたが、それでもジダン氏は最も際立っいたようだ。

「彼は大きく、強く、ターンも素晴らしかった。視野と決定力も。彼は素晴らしい選手だった」

「おそらく、私がレアル・マドリーに加入した時に、練習中に見るのを止められなかった選手だ。多くの点で神だと思っていた」

超WORLDサッカー!

最終更新:5/13(水) 20:07
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事