ここから本文です

「身の危険を感じた」従業員が語る恐怖の時間

5/13(水) 6:40配信

沖縄タイムス

 強盗事件があった沖縄県北谷(ちゃたん)町北谷の現場は車通りの多い国道58号沿いで、北谷交差点から南に50メートルほどの位置にある。警察や米軍関係者、パトカーが集まり、規制線も引かれた。周囲は物々しい雰囲気に包まれ、通りかかった人たちが現場をしきりにのぞきこんでいた。

【地図】強盗事件の発生現場

 被害に遭ったのは日本円と米国ドルの両替業務などを行う店舗で、事件当時は男性1人、女性2人の3人体制で勤務していたという。

 事件当時、店内のトイレに入っていた従業員の女性は「ドン、という普通ではありえない物音が聞こえ、身の危険を感じてトイレから出なかった」と、恐怖を感じつつも冷静に判断。「静かになったので出ていくと、すでに犯人は逃げ、荒らされた後だった」と振り返った。

 両替所の隣接する理容店に散髪に訪れたうるま市の男性(53)は「こんなに人通りの多い場所で、昼間に強盗に入るなんて」と驚きを隠せない様子だった。

最終更新:5/13(水) 8:01
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事