ここから本文です

那覇市が通常保育へ あすから、県の休業要請解除で

5/13(水) 11:16配信

沖縄タイムス

 那覇市は12日の危機管理対策本部会議で、新型コロナウイルス対策として市内保育施設での預かりを一部制限する「特別保育」をやめ、14日から通常の保育へ戻すことを決めた。可能な限りの家庭保育の協力は24日まで引き続き要請する。

 県が休業要請を14日から解除するための対応。城間幹子那覇市長は「経済活動を再開する上で、保育は必要との判断を全体で確認した」と述べた。放課後児童クラブ(学童保育)も14日から通常保育とする。

 また国民に一律10万を給付する「特別定額給付金」について、25日までに郵送で各世帯へ申請書類を発送するが、早急に給付金が必要な市民向けに13日から市ホームページで申請書をダウンロード可能にする。

 ただ、ダウンロード用紙は、郵送で送られる申請書と違い、必要事項を全て自筆で記入しなければならず、市は「審査も早く済む郵送申請を原則として頂きたい」と呼び掛けた。振り込みは5月末から順次開始する。

 市内小中学校の再開は21日で変更ないが、14~20日の分散登校での登校日設置を各学校判断で許可している。

最終更新:5/13(水) 11:16
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事