ここから本文です

鼓門にコロナ収束願う緑の光 金沢市が感染状況表現

5/13(水) 1:12配信

北國新聞社

 金沢市は12日、新型コロナウイルスの感染状況を金沢駅鼓門(つづみもん)のライトアップで表現する取り組みを始めた。同市内で経路不明の感染者がゼロの日は緑色、発生した日は通常の電球色となる。初日の夜は早期収束を願う緑の光で照らされた。

 大阪府が通天閣や太陽の塔をライトアップすることで独自基準の達成状況を示す施策を参考とした。

 12日は金沢市在住者の陽性が確認されたが、経路が把握できていることから感染拡大のリスクが比較的低いと判断して緑色とした。今月末まで午後6時~翌午前0時に実施する。

 12日の日中の最高気温は金沢26・6度など8地点で夏日を観測。かほく27・0度、羽咋26・4度、志賀24・8度と3地点で今年一番の暑さとなった。

北國新聞社

最終更新:5/13(水) 1:12
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事