ここから本文です

元仙台のシュミット、ベルギー1年目は「最高にもまれてます、最高の環境です」

5/13(水) 8:00配信

スポーツ報知

 ベルギー1部・シントトロイデンGKシュミット・ダニエル(28)が10日、サッカーゲーム「FIFA20」を使ったJリーグ提携クラブとのオンライン親善試合「e―Stadium at home DMMゴールデンマッチ」に参戦。4月に日本に帰国したシュミットは、J2岡山のFW上門知樹(23)とMFデューク・カルロス(20)とトークを交えながら対戦。海外挑戦1年目の充実感を語った。

 1戦目は、シュミットのシントトロイデンと上門のボローニャ(イタリア1部)が激突。2―1で勝利したシュミットは「(ゲーム内の)シュミット選手が好セーブを連発。彼に助けられた試合でした」と笑顔。試合中のトークで、今季ベルギーリーグで前半戦の被シュート数とセーブ数がそれぞれ1位だったことを明かし、「最高にもまれてます、最高の環境です」と手応えを話した。2試合目はデューク・カルロスに1―5の大差で敗れた。

 現在ベルギーは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で7月31日まで国内全てのスポーツ大会の中断が決まっている。リーグも最終節を残し事実上の打ち切り状態。シュミットは現在、仙台の自宅でトレーニングを重ね調整中だ。配信を終え「一日でも早く元どおりになるようにいろんな事を我慢しながら頑張っていきましょう。ベルギーにも来る機会があれば、ぜひ試合を見に来てください」と呼びかけた。(小林 泰斗)

報知新聞社

最終更新:5/13(水) 8:00
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事