ここから本文です

菊池雄星、平野佳寿が所属のマリナーズ、首脳陣の年俸削減と地元紙が伝える

5/13(水) 11:17配信

スポーツ報知

 菊池雄星、平野佳寿両投手が所属しているマリナーズがサービス監督ら首脳陣、ディポトGMやスカウトらの報酬を削減すると地元紙シアトル・タイムズが12日(日本時間13日)、伝えた。契約期限の10月31日まで一時帰休の措置などを避けるためという。

 米大リーグは新型コロナウイルス感染拡大を受け、7月上旬の開幕を目指している。マリナーズでは年間6万ドル(約642万円)より多くの報酬を得ていれば最低2割の削減対象となり、報酬が多額の場合は割合も増えるという。

 ちなみに昨年限りで現役を引退したイチローさんは、会長付特別補佐兼インストラクターの職務だ。

報知新聞社

最終更新:5/13(水) 12:52
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事