ここから本文です

【ヴィクトリアマイル】サウンドキアラが坂路で51秒6 松山「すごくいい状態をキープ」

5/13(水) 12:55配信

スポーツ報知

◆ヴィクトリアマイル追い切り(5月13日、栗東トレセン)

 ヴィクトリアマイル・G1(5月17日、東京競馬場・芝1600メートル)に出走するサウンドキアラ(牝5歳、栗東・安達昭夫厩舎)が13日、栗東・坂路で最終追い切りを行った。

 今の時期は6時開門だが、いつも通りに馬が少ない時間帯を狙って6時40分に登場。単走で、鞍上が軽くした程度で51秒6―12秒3をマークした。

 騎乗した松山は「先生からは、僕の判断で、という指示でした。最後も余力があって、時計も申し分なかったです。上積みとなるとどうかですが、前走(阪神牝馬S1着)時のすごくいい状態をキープしています」と重賞4連勝でのG1制覇に手応えを感じている。

 管理する安達調教師は「前走後は短期放牧に出し、先月24日に帰厩しました。リフレッシュして、今日の動きも良かったです。ちゃんと仕上がってますね。松山騎手も『そんなにやらなくても、自分から動いてくれた』と言っていました。重馬場までは苦にしません。枠順はできれば、真ん中より内が欲しいですね」と万全の仕上がりを強調した。

報知新聞社

最終更新:5/13(水) 13:03
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事