ここから本文です

坂上忍、PCR検査が増えない状況を嘆く…「どうにもこうにも腰が重い。周りにどんな人たちがいるのかなって思っちゃう」

5/13(水) 13:29配信

スポーツ報知

 13日放送のフジテレビ系「バイキング」(前11時55分)で、東京都の小池百合子知事が6月から月3000件の抗体検査を実施する計画を明かしたことを伝えた。

 検査は、体内で免疫反応が起きた抗体で過去ウイルスに感染していたかが分かるもので、方法は血液の採取。結果は15から30分で判明するという。また「富士レビオ」が開発した抗原検査の迅速診断キットを、政府が薬事承認したことも伝えた。

 番組では、こうした検査の実施について専門家がPCR検査を同時に使う必要があることを解説していた。

 こうした意見を受け、PCR検査が増えない事態にMCの坂上忍は「PCR検査の拡充なんて何カ月も前から言っていた」とし「この間、安倍総理と山中教授がリモートで対談されたときに山中さんが大学の研究所を使ってくれたら(PCR検査が)10万件ぐらいできるようになりますよ」と話していたことなどを振り返った。

 その上で「それ以前にメディアもPCR検査広げるんだったら、あういうやり方ありますよって散々やっていたわけじゃないですか。どうにもこうにも腰が重いというか。周りにどんな人たちがいるのかなって思っちゃうんです」とコメントしていた。

報知新聞社

最終更新:5/13(水) 14:41
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事