ここから本文です

KENTA、7年前引退の小橋健太氏への思い明かす「G.O.A.T(史上最高の存在)だ」

5/13(水) 14:06配信

スポーツ報知

 独特のツイートで人気のプロレスラー・KENTA(39)が13日までに自身のツイッターを更新。全日本プロレス時代に付け人を務めた小橋健太氏(53)への思いを語った。

 2013年5月11日、東京・日本武道館で行われた小橋氏の引退記念試合のリング上で小橋氏と握手する自身の写真を紹介したKENTA。

 英語で「The time flies. This is one of my unforgettable moment in my career(自分の人生にとって忘れられない瞬間だった)」とつづると、「Absolutely He is the G.O.A.T。(彼は史上最高の存在だ)」と、「史上最高」を意味する「G.O.A.T(Greatest of All Time)」という言葉で小橋氏を称えた。

 KENTAは99年、全日本プロレス初の一般公募オーディションに合格し、入団。小橋氏の付け人を務めた。

 4月の「スポーツ報知」のインタビューでは「小橋さんの影響というのは大きい。小橋さんは言葉でどうこうよりも試合で見せるという感じ。間近で見ながら試合に対する姿勢なんかを学んだ感じかな」と話していた。

報知新聞社

最終更新:5/13(水) 16:31
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事