ここから本文です

杉村太蔵氏、抗原検査について質問「どういうタイミングで受けるのがいいんでしょうか?」

5/13(水) 14:02配信

スポーツ報知

 13日放送のテレビ朝日系「大下容子のワイド!スクランブル」(月~金・前10時25分)では、新型コロナウイルス感染拡大について特集し、東邦大学感染制御学教授・小林寅テツ(いんてつ)氏をゲストに同日厚生労働省から承認された抗原検査について取り上げた。

 小林氏は「有益な検査です」と話し、利点として「迅速に判断ができる、コストが安い、検査する人の手技が問われない」などと挙げた。

 リモート出演の元国会議員でタレントの杉村太蔵氏(40)は、小林氏に「先生、教えてください。抗原検査を受けるタイミングというのは、我々はどういうタイミングで受けるのがいいんでしょうか?」と質問した。

 これに小林氏は「新型コロナウイルス(感染)の主症状が出てきた時ですね。発熱とか倦怠(けんたい)感とかそういうものが出た時に、スクリーニング(ふるい分け)できると」と回答。

 「それでも精査する必要があれば、PCR検査をやるようにすると、PCRの労力が軽減されるということに」と説明した。

 13日に厚生労働省から床にされた「抗原検査」は、新型コロナウイルスに感染しているかを調べる簡易検査で、インフルエンザの検査のように、鼻の奥を拭った検体を含む液をキットにたらして検査する。

報知新聞社

最終更新:5/13(水) 14:26
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事