ここから本文です

宮根誠司氏、緊急事態宣言解除への目安紹介し「東京はなかなか、解除というのは簡単にできそうもない」

5/13(水) 15:35配信

スポーツ報知

 13日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、新型コロナウイルスの感染拡大について特集した。

 番組では、緊急事態宣言について、政府が特定警戒都道府県の一部とそれ以外の34県で解除する方向で検討していることを伝えた。

 ただ、解除後も感染拡大の防止を徹底する必要があるとして、東京都、大阪府などの特定警戒都道府県との往来は引き続き自粛するよう呼びかける方針。政府は14日に専門家会議を開き、5月末の期限を待たずに解除を検討する。

 宮根誠司キャスター(57)は直近1週間の累積感染者が10万人当たり0・5%以下になることという解除の目安を紹介した上で「東京は(直近1週間で)200人なのを70人にしないといけない。東京はなかなか、解除というのは簡単にできそうもないですね」と話した。

 コメンテーターで出演の医師のおおたわ史絵氏(55)も「まだ(解除は)遠いと思った方がいいでしょうね。この数字をクリアするためには、人と会う人数を減らすという以外の方法が見当たらない」と話した。

報知新聞社

最終更新:5/13(水) 15:41
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事