ここから本文です

トルコ1部・ベシクタシュが長友の獲得交渉か 現地メディア報じる

5/13(水) 15:25配信

スポーツ報知

 トルコ1部・ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都の獲得を同・ベシクタシュが検討していると12日、同国メディアの『SABAR』が報じた。

 ガラタサライは外国人選手が登録人数を上回っていることから、今季後半戦で長友を登録メンバーから除外している。今季終了まで公式戦には出場できず、契約も今季で満了となる。

 同メディアの報道によると、ベシクタシュは後半戦の補強ポイントとして、GKと左サイドバックのポジションを優先しているといい、経験豊富な長友に白羽の矢を立てた。すでにクラブは交渉を進め、獲得の意思を長友に伝えているという。

 ベシクタシュは、昨季までMF香川真司が所属していた。

報知新聞社

最終更新:5/13(水) 16:39
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事