ここから本文です

左アキレス腱断裂から3か月の体操女子・寺本、順調な回復ぶりを報告「しっかり治す」

5/13(水) 16:25配信

スポーツ報知

 体操女子の第一人者で、今年2月に左アキレス腱(けん)を断裂した寺本明日香(24)=ミキハウス=が、12日までに更新した自身のインスタグラム(@teramoto_asuka)のストーリーズで、回復具合を報告した。ファンから「今どのぐらいまで回復していますか?」との質問を受け「ヒールレイズ10回」と回答。「しっかり治すためにジャンプとかはまだドクターストップかかってます」と補足した。

 再建手術から3か月となった7日には、リハビリ動画の1部を紹介し、「全然上がる気のしなかった片足ヒールレイズも7割はできるようになりました!!! 1か月前までは何かにつかまって、両足のヒールレイズだったからな~。回復具合を分かりやすく例えると、楽しく走り回れるよーにはなりました」と報告していた。

 2月6日に現在閉鎖中の味の素トレセンでの合宿中に、床の蹴りで受傷した直後は「(アキレス腱を)切った瞬間は絶対引退しようと思った」という寺本。「今は誰がなんと言おうと最後まで諦めずに自分の体操人生を貫き通そうと思ってます」と当時からの強い決意にブレはみじんもない。

報知新聞社

最終更新:5/13(水) 16:28
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事