ここから本文です

【中日】新外国人のゴンサレスはクイック、けん制の技術向上に自信「しっかりと取り組んでいるので、ものになっている」

5/13(水) 17:00配信

スポーツ報知

 中日の新外国人ルイス・ゴンサレス投手(28)が13日、ナゴヤ球場での自主練習後に代表取材に応じた。この日は遠投を行ったあと、外野の芝生の上にホームベースを置き、捕手を座らせて約30球を投げて調整を行った。

 昨季最優秀中継ぎに輝いたロドリゲスの代わりとして、勝ちパターンでの期待がかかる助っ人。新型コロナウイルス感染拡大防止のため続いている自主練習期間中も、クイックやけん制の技術向上に余念がない。ゴンサレスは「けん制やクイックは毎日練習している。もっとできるようになりたい。二塁けん制も取り組んでいる。しっかりと取り組んでいるので、ものになっていると思う」と手応えを口にした。

 慣れない日本の生活にも順応する努力を惜しまない。ドミニカでポピュラーな豆料理を自炊する他、直近ではみそ汁にもチャレンジしたという。「みそを買って、だしを買って2回ぐらい作った。ラーメンの麺も買ってゆでた。でも箸がなかった・・・。フォークで食べた」と苦笑い。開幕は早くても6月中旬から下旬となる見込みだが、「しっかり練習できている。対策というのが重要になってくると思うので開幕に向けてしっかり準備したい。(ファンには)沖縄ですごい応援してくれた。また応援してくれるのを楽しみにしているし、100パーセントの力で準備して優勝できるように頑張ります」と意気込んだ。

報知新聞社

最終更新:5/13(水) 17:24
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事