ここから本文です

なぜExcel方眼紙は嫌われるのか? 「Wordより使いやすい」「生産性を下げる」など賛否分かれる

5/13(水) 19:04配信

ねとらぼ

 5月13日、Twitterで「Excel方眼紙」が大きな反響を集め、トレンド入りしました。

【画像:Excel方眼紙を見る】

 発端は、あるアカウントから発信された「新人教育の場でExcel方眼紙を教えています」というツイート。現在は削除済みですが、方眼紙にするとインデントが確保しやすいなどの理由から、文書作成ツールとして推薦していました。

 しかし、これに対して多くの人から「やらないで欲しい」「Excelの使い方じゃない」といった批判が相次ぎ、Twitter上でその是非が議論されました。

● 「Excel方眼紙」の評価は?

 SNS上での評価は、ポジティブなものが48.5%、ネガティブな評価が51.5%と、ほぼ半々に分かれました。ポジティブな声としては「使いやすい」「便利」など利便性に関するツイートが多く、ネガティブな声としては「ひどい」「嫌い」など感情的なツイートが多く見られました。

● 「Excel方眼紙」の盛り上がりは?

 5月13日の13時頃にトレンドがピークを迎え、その後も関連ツイートが多く投稿され、引き続き盛り上がりを見せています。

●Wordの代用として重宝されてきたExcel方眼紙

 Excel方眼紙とは、Excelの各セルが正方形になるように行列幅を揃える手法です。Wordなど文章作成ソフトよりインデントや表作成、画像の配置が柔軟に対応できるため、文章作成ソフトの代用に使われることがあります。

 Twitter上でも「Word扱いづらい私には便利」「Wordで表作成や図挿入が難しいから使われてるんだと思う」「Wordがもう少し使いやすかったら、Excel方眼紙は生まれなかったのでは」といった声が多く聞かれます。

●過去にも何度か賛否が議論される

 一方、Excel方眼紙は過去に何度か「業務効率を落とすため廃止すべき」と批判されてきた経緯もあります。たとえば、2012年の立命館大学・上原哲太郎先生のツイート、2013年の三重大学・奥村晴彦先生のツイート、そして2016年の河野太郎衆議院議員のツイートなどで「生産性を下げている」「データの再利用を考えていない」「至急、全廃します」など問題として提起され、話題となりました。

 今回も「非効率」「生産性を阻む悪行なので止めて欲しい」といった同様の声が多く聞かれました。

1/2ページ

最終更新:5/13(水) 22:47
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事