ここから本文です

ウーバー、料理宅配のグラブハブに買収を提案・協議中-関係者

5/13(水) 5:09配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 配車サービスを手掛ける米ウーバー・テクノロジーズが料理宅配サービスの米グラブハブに買収を提案したと、事情を知る複数の関係者が明らかにした。

協議が非公開だとして匿名を条件に話した関係者によると、両社は合意に向けて協議中で、早ければ月内に合意の可能性があるが、物別れに終わることもあり得る。

グラブハブは「当社は価値を向上させる機会に常に目を向けている。そうは言え、現在の当社戦略と、この困難な環境下にあるレストランを応援する最近の取り組みに、引き続き自信を持っている」との声明を発表。ウーバーは買収・合併の臆測には対応しない考えを示した。

12日の米株式市場でグラブハブ株は一時、前日比39%高となった。売買停止となる場面もあった。

ウーバーは先週、傘下フードデリバリー事業のウーバーイーツを7カ国で閉鎖すると発表したばかり。

グラブハブは自社株1株につきウーバー株2.15株を要求していると、ダウ・ジョーンズ通信は12日、関係者の話として報じた。

原題:Uber Is Said to Approach Grubhub With Takeover Offer (4)(抜粋)

Grubhub Seeks 2.15 Uber Shares Per Grubhub Share: DJ(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Ed Hammond

最終更新:5/13(水) 5:09
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事