ここから本文です

キヤノンITS、超高速開発/ローコード開発基盤「Web Performer V2.4」を販売

5/13(水) 16:29配信

ZDNet Japan

 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、超高速開発/ローコード開発プラットフォーム「Web Performer」と、ウェブアプリケーション開発環境と実行環境をスピーディに利用できるクラウドプラットフォーム「WebPerformer Cloud」の新バージョンを販売開始した。Web Performerシリーズの機能を継続して拡張することで、自動生成プラットフォームによる開発の市場拡大を図り、2022年までに50億円(導入支援、システム開発を含む)の売り上げを目指す。

 新バージョンの「Web Performer V2.4」では開発の柔軟性を向上させる機能強化に加え、生成したウェブアプリケーションの利用状況の可視化が可能になった。これにより、さらなるシステム開発の生産性向上と、開発部門と運用部門の連携強化によるDevOpsを実現する。

 また自動生成するウェブアプリケーション画面にサードベンダー提供のJavaScript部品やスクラッチで個別開発した部品を容易に組み込めるようになった。サーバー側のロジックのカスタマイズ範囲を拡張しており、部品やスクラッチとWeb Performerによる自動生成を柔軟に組み合わせた開発が可能になった。

 新バージョンでは、自動生成したウェブアプリケーションの出力ログが、より柔軟かつ詳細になった。出力ログを市場で提供されている一般的なログ分析ソリューションと組み合わせることにより、ウェブアプリケーションの利用状況を可視化、分析できる。例えば、各画面で実行される機能の処理時間、エラーチェックの実行頻度が可視化されるので、レスポンス改善や操作性向上に向けた分析、そして素早いシステム改修につなげることができる。

 WebPerformer Cloudは、Web Performerによる開発に必要な環境とウェブアプリケーションの実行環境をセットで提供するクラウドプラットフォーム。今回、WebPerformer Cloudに含まれる実行環境について、システム開発の規模に合わせた柔軟な選択が可能となった。クラウド活用のスモールスタートをはじめ、負荷分散や高信頼性を考慮した本格的なクラウド上のWebシステム開発・実行にも利用できる。

 利用価格は下記の通り。

最終更新:5/13(水) 16:29
ZDNet Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事